【コンサルタント】経営改善計画書の書き方・コンサルタントの見極め方法

経営改善計画書の書き方やコンサルタントの見極め方を解説

経営改善コンサルタントに依頼するかどうか、経営改善の着手にあたって悩む経営者も少なくありません。しかし、経営改善の成功には、適切な経営改善計画書の作成が鍵となります。再建・業績回復に向けて、的確なサポートを実施するコンサルタントの存在は必要なのです。こちらでは、経営改善計画書の作成に関するポイント、コンサルタントの見極め方法を解説いたします。

経営改善計画書とは?

経営改善計画書の説明

経営改善計画書はどのような目的で作成されるのか、また経営改善計画書に求められる要素について詳しくご説明いたします。

経営改善計画書とは

どのように経営改善を行っていくかという計画を、具体的な数値を交えてまとめたものです。事業再生計画書と同一視されることがありますが、厳密には異なる書類です。経営改善には事業再生を伴う場合が多いことが、同一視される理由といえます。
経営改善計画書を作成する目的は、自社の経営改善を実施するためです。もう一つの理由は金融機関への提出です。業績不振などから銀行などの金融機関へ返済期間の調整を依頼する際に、経営改善計画書の提出を求められます。融資側は返済期間の調整を検討するにあたり、今後どのような計画によって業績を回復していくのか、返済は問題なく行われるのかなどの点を見極める必要があります。経営改善計画書はその判断材料となるのです。

経営改善計画書作成におけるポイント

金融機関に提出する経営改善計画書は、作成のポイントがいくつかあります。

1.問題の把握と改善策の決定

「なぜこのような状態に陥ってしまったのか」という窮境原因を明確にし、適切な改善策を見極めたうえで決定します。

2.実現可能な計画か

改善策が決まったら、実行プランを作成します。このとき、以下の項目は必ず記載しましょう。

  • 改善施策の内容
  • 責任者
  • 実行期間
  • 売上(業績予想)

ここで重要なのは、確実に実現可能な計画を立てるということです。計画の70~80%以上を達成できないと、金融機関から融資を受けられない可能性があります。

3.プラン実行と分析

プラン実行後、予想通りの結果が得られなかった場合は、新たな改善策を練る必要があります。改めて問題の検証と分析を実施し、改善策の作成→実行プランの作成→実行というサイクルを繰り返して、経営改善を目指します。

コンサルタントの見極め方法とは?

コンサルタントの見極め方法

事業再生を実施する場合、主な依頼先として経営コンサルタント、税理士や公認会計士が挙げられます。

経営コンサルタントへの依頼

経営コンサルタントはマーケティングや経営政略のプロです。事業再生において適切なサポートを受けたい、事業再生の成功率を少しでもアップさせたいというときは、経営コンサルタントへ依頼したほうがよいでしょう。
ただし、経営コンサルタントによって、専門とする分野、得意とする分野が異なります。経営改善・事業改善(本業強化)が得意、事業再生(経営再建)を専門とするコンサルタントもいます。経営改善・事業再生の両方を得意とするコンサルタントであれば安心といえるでしょう。同じ経営コンサルタントへの依頼でも、得意分野・専門分野を見極めることが大切です。

税理士・公認会計士への依頼

税理士は、税の専門家であり、所得税・法人税・相続税などの申告業務を事業者に代わって行うのが主な仕事です。公認会計士は、企業における監査・会計の仕事を専門としています。税理士や公認会計士の中には、マーケティングの知識を有している方もいらっしゃいます。事業再生の成功に向けて、戦略的マーケティング力とそれに基づいた計画の提案が可能な場合もあるのです。税理士・公認会計士への依頼を検討する場合は、マーケティングの知識をしっかり持っているかどうかを見極めることが大切です。

コンサルタントに経営改善・事業再生を依頼!

事業再生の方法は様々ですが、確実に実施したい、少しでも成功率を上げたいというときは、マーケティング戦略に秀でたコンサルタントに依頼することをおすすめします。自社が現在抱えている問題は何か、どのようなサポートを受けたいかなどを明確にし、目的に合わせて適切なコンサルタントを選択しましょう。大永綜合経営事務所はマーケティングの他、金融機関との関係性の改善、再建・再生計画策定などを強みとしております。経営改善や事業再生などに関するお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

コンサルタントに依頼をお考えの方へのお役立ち情報

経営改善をコンサルタントに依頼するなら大永綜合経営事務所

名称 大永綜合経営事務所 (Taiei Business Firm)
所在地 〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町2丁目5−8 綿業会館本館5階
TEL 0120-931-018
携帯からの
お電話はこちら
06-4708-7505
代表 大久保 元永
設立 2015年4月
取扱業務 事業改善・再構築コンサルティング
事業承継コンサルティング
組織再編コンサルティング
M&Aアドバイザリーサービス
URL https://www.t-bf.jp/

経営者へメッセージ

MESSAGE

弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。またこのメッセージをご一読くださりありがとうございます。
さて、会社経営は苦難と予期せぬ出来事の連続です。何の問題もなく順風満帆な会社経営こそ存在しないのではないでしょうか。そんな会社の経営者、リーダー、責任者である社長は多くの決断を求められます。その決断のなかには、会社存続に関することもあると思います。今まさにお一人で抱えきれない問題の解決を迫られているかもしれません。それでもご安心ください。大袈裟ですが命までは取られはしません。起きたことは必ず納まります。
大永綜合経営事務所には、倒産対策・回避、再生、改善など、会社の有事に向き合って20年以上の経験豊富なコンサルタントが存在します。お悩みの解決の糸口がきっと見つかるとおもいます。お困りのことがありましたら是非一度お問い合わせ下さい。

経営革新等支援機関 近財金1第67号(近畿財務局認可)
20170214近畿第32号(近畿経済産業局認可)
〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館本館5階

電話受付 平日10:00~17:00(携帯からは06-4708-7505)

24時間365日受付
2営業日以内に必ずご連絡します。