黒字経営はアドバイザーに相談!シミュレーションの重要性・黒字経営のポイント

黒字経営の実現で押さえたいポイント・シミュレーションの重要性

黒字経営は会社存続において重視すべき課題の一つといえます。業種などによって経営を黒字化することの難しさは変化しますが、押さえるべきポイントはほぼ同じと考えてよいでしょう。こちらでは、黒字経営におけるシミュレーションの重要性や、実現に向けて押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

黒字経営のためにシミュレーションは重要?

黒字経営のためのシミュレーション

黒字経営を実現するうえで過去から学ぶだけでなく、長期的な事業計画を立て、将来を見据えた経営を継続して行うことも大切です。その際に欠かせないシミュレーションの重要性について解説いたします。

未来を見据えた経営にはシミュレーションが不可欠

会社の経営においては目先のことだけにとらわれるのではなく、5年、10年、20年と先々にまで目を向けることが大切です。とりわけ経営者にとって欠かせない考え方の一つであり、将来に起こるかもしれない変化を予測し、対応するための準備をするうえでもシミュレーションが不可欠となります。黒字経営を実現するためにも、シミュレーションは必ず行いたい取り組みといえるでしょう。

黒字経営を実現するためのシミュレーションとは?

黒字経営を実現するためのシミュレーションでは過去のデータをもとに分析を行い、そこから将来に表出する課題やその対処法を明確にする必要があります。例えば、過去の決算書や確定申告書の内容をもとに分析を行い、将来について予想する手法が挙げられます。有効なシミュレーションの方法として覚えておくのがおすすめです。

アドバイザーに助けを求めるのも有効

会社の経営において将来を見据えたシミュレーションが必要ですが、黒字化を実現することは容易ではありません。その過程での失敗が、会社の存続を困難にするほどの影響をもたらすことも十分にありえます。だからこそ、第三者の意見にも耳を傾け、総合的に判断することが経営者には求められます。アドバイザーに助けを求め、アドバイスを参考にしながら長期的な経営戦略を練っていくのもよいでしょう。

黒字経営に向けたポイント

黒字経営のポイント

黒字経営の実現に向けた手法は、会社の特性や業界などによって変化します。こちらでは、黒字経営化を実現するうえで押さえておきたい、基本的なポイントを見ていきましょう。

徹底した予算・コストの管理

会社の経営状況を把握するうえで、予算とコストの管理は不可欠です。予算・コストを精査して明確にすれば、不要分の削減や好調な事業への増資なども的確に行えます。経営の黒字化を実現するうえでも有効な対策となります。また、予算管理に関しては人件費の見直しにおいても重要です。

在庫・売上管理の強化

何らかの商品を販売している場合、在庫・売上管理を強化することも経営の黒字化に直結します。例えば、商品ごとの売上を詳細まで把握していると、需要に応じた在庫数を確保し、より多くの収益を得ることが可能です。また、在庫管理においては管理費の削減を目的とした余剰在庫の処分や、定期的な棚卸なども大切な作業となります。

人件費の定期的な見直し

会社経営において大きな負担となるのが人件費です。人件費をコストと考えるのではなく、投資という考えを持って定期的に見直し、採算の取れていない部門の人員削減や、一定の成果を上げた社員への報酬の支給なども行いながら、限られた人件費を有効に活用していきましょう。

売掛金・買掛金の管理

売掛金と買掛金は会社の経営状況を把握しづらくする要因の一つです。例えば、未回収の売掛金が増えてしまうと、会社経営自体は黒字であるにもかかわらず、倒産の危機に直面してしまうというケースもあります。そのため、計画的に回収をすることが重要です。同様に買掛金に関しても、その金額次第では本来の経営状況ではありえない結果をもたらすことがあり、詳細な金額を把握しておかなければなりません。

経営の黒字化を実現するならアドバイザーの手を借りるのも有効

会社経営は長期的な存続を目標としながら、シミュレーションを行い、将来の変化に備えておくことが大切です。また、黒字経営を実現するためのポイントを押さえて実行するだけでなく、第三者の視点も交えた多角的な立場から、シミュレーションを行うことも必要といえるでしょう。その際は会社経営を熟知したコンサルタントの助言に耳を傾けるのも有効です。会社経営に関する課題解決をご希望の際は、大永綜合経営事務所までお気軽にお問い合わせください。

コンサルタントに依頼をお考えの方へのお役立ち情報

黒字経営についてのご相談なら大永綜合経営事務所

名称 大永綜合経営事務所 (Taiei Business Firm)
所在地 〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町2丁目5−8 綿業会館本館5階
TEL 0120-931-018
携帯からの
お電話はこちら
06-4708-7505
代表 大久保 元永
設立 2015年4月
取扱業務 事業改善・再構築コンサルティング
事業承継コンサルティング
組織再編コンサルティング
M&Aアドバイザリーサービス
URL https://www.t-bf.jp/

経営者へメッセージ

MESSAGE

弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。またこのメッセージをご一読くださりありがとうございます。
さて、会社経営は苦難と予期せぬ出来事の連続です。何の問題もなく順風満帆な会社経営こそ存在しないのではないでしょうか。そんな会社の経営者、リーダー、責任者である社長は多くの決断を求められます。その決断のなかには、会社存続に関することもあると思います。今まさにお一人で抱えきれない問題の解決を迫られているかもしれません。それでもご安心ください。大袈裟ですが命までは取られはしません。起きたことは必ず納まります。
大永綜合経営事務所には、倒産対策・回避、再生、改善など、会社の有事に向き合って20年以上の経験豊富なコンサルタントが存在します。お悩みの解決の糸口がきっと見つかるとおもいます。お困りのことがありましたら是非一度お問い合わせ下さい。

経営革新等支援機関 近財金1第67号(近畿財務局認可)
20170214近畿第32号(近畿経済産業局認可)
〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館本館5階

電話受付 平日10:00~17:00(携帯からは06-4708-7505)

24時間365日受付
2営業日以内に必ずご連絡します。